桜満開・・・ヒノキ花粉最盛期

  • 2017.04.15 Saturday
  • 08:57

JUGEMテーマ:日常

 

 

 

この一週間、満開の桜の下、車を走らせています。

いつも、同じ道ばかり走っているので、満開の桜と言っても、昨年と同じ風景ですが、なかなか見事に咲き誇っています。

先日のブログにも書きましたが、今年は花粉症が例年になく重症です。

何十年ぶり?と思うほど、スギ花粉の時にも大変だったのですが、今、ちょうどヒノキの花粉が最盛期です。

ヒノキの花粉は、スギに比べると、ツンツンした嫌な攻撃をしてくるので手ごわいのですが、今年はひどいです。

鼻がグスグス、目が真っ赤・・・そこまでならまだ辛抱もできるのですが、スギ花粉の時同様、今年は、ノドが大変。

咳が止まらず、まるで喘息のように、咳が出だすと息もできないほど苦しくて、本当にのたうち回っているという感じです。

夜、寝ていても咳が止まらなくて熟睡ができず、体力的にもすごいダメージで、参っています。

 

干し柿づくり

  • 2016.11.19 Saturday
  • 09:09

 

JUGEMテーマ:日常

 

毎日、本当に息つく間もなく忙しくしています。

仕事で大阪、滋賀、奈良、京都を移動していると、この季節、道沿いの柿の木には、渋柿がたわわに実っている景色を目にします。

そしてちょうど今の時期、JA直売所とか道の駅などでは、干し柿用の渋柿が販売されています。

でも、販売を待っている人が結構多くて、朝一番に行かないと売り切れてしまうみたいです。

 

昨年、鶏卵サイズの小さな柿で干し柿をつくったので、柿剥きが大変でした。

今年は、もっと大きいサイズの柿を探して、あちらこちらの直売所に立ち寄って探していたら、京都府和束町の中尾園茶屋という府道5号線沿いの地産農産物販売店で大きい渋柿が販売されているのを見つけたのですが、通りがかった日に置いてあったものは、全部予約済みだったので、予約をして10キロ購入しました。

なかなかこのサイズの渋柿は販売されておらず、やっと見つけたという感じでした。

一昨日、入荷の連絡を受け、中尾園へ柿を取りに行き、今朝、早速柿剥きをして、ベランダに吊るしました。

柿の数は69個でした。

包丁は柿渋で真っ黒、手が突っ張って変な感じです。

出来上がる日が楽しみ・・・・。

 

去年の小さな干し柿がまだ残っているので、しばらくはそれを酒の肴にします。

干し柿をビールのおつまみに???結構行けますよ。

 

 

 

杉の木々が赤褐色に色づく麗しい季節となりましたね〜〜〜〜泣〜〜〜

  • 2016.03.02 Wednesday
  • 14:55
JUGEMテーマ:日常
3月になりました。
1月、2月、目が回るほどの忙しさ、とでも言うのでしょうか・・・・。

さてさて、信楽時遊館近辺には杉や檜の植林が至る所に。
春近し・・・・。杉の木々がそろそろ花を開く気満々。
美しい赤褐色に色づき、今にもモワモワと大量の花粉をまき散らさんばかりの、今朝の信楽の麗しき風景をごらんあれ。







小学校3,4年ぐらいから花粉症を発症していた私は、すでに花粉症歴半世紀を過ぎ、今では「まあ、こんなものでしょう・・」みたいな楽な気分で花粉症と付き合っています。
高齢になるとだんだん鈍感になってくるという説も。
確かに、55歳ぐらいからだんだん花粉症ぐらい大したことないと感じるようになってきたのは、そろそろ高齢者の仲間入りか・・・・・・?

2月29日、突然37.8度の熱が出て、その後、家内も少し遅れて38度の熱が出て、一緒に病院へ行きました。
私は、自覚症状などから、おそらくインフルエンザだろうと感じていたので、受付でそう話すと、すぐに隔離ブース(選挙の投票所のような一人ずつ壁で仕切られたスペース)に案内されて、鼻に綿棒を突っ込まれてインフルエンザ検査をしてもらいました。
「インフルエンザA型ですね」って看護婦さんに笑顔で言われ、狭いブースで待たされること一時間弱。
家内は、私より少し遅れて感染していると思われるため、検査の結果はその時点では陰性。
熱があっても、発症してから24時間?経たないと反応しないらしいです。
でも二人とも同じインフルエンザなのは間違いない(狭い軽トラックで一緒に仕事をしていた)ので、二人ともインフルエンザA型ということで狭い専用の診察室で診察してもらい、タミフルなどを処方してもらい、2日間寝ていました。
今日で3日目なんですが、もう寝てられない。
熱は、29日の夜には平熱になり、翌日も言われたとおりに解熱剤を飲んでいると、何度熱を測っても35.4度とか、35.2度とか、とんでもない低体温になってしまって、気分が悪くなってきて、それでも寝ていると、寝返りするたびにめまい吐き気を催して、腰が痛くて、さらに、熱もないのに昼間寝てると夜全然寝られなくて、仕方なく今日から片付け仕事をしています。
ちょっとゆっくりさせてもらいましたが、2日もゴロゴロしてると、もう限界ですね。
寝てるより仕事してるほうが楽ってどんな体質なんでしょうね?
でも、体調は決して本調子という訳ではなく、まだまだ少しずつ、ゆっくりと仕事をしているところです。無理は禁物。
この3日間、ビール(アルコール)は飲んでいませんし、健康的な食生活しか受け付けないという感じです。
ビールを飲まない夜って何年ぶりでしょうか?思い出せないです。

8年ぶり?9年ぶり?のインフルエンザ感染でしたが、病院の先生に「60歳を過ぎたら予防接種を毎年受けて下さいね」と言われ、そろそろちょっと健康を気遣うことも大切な年齢なんだなあと実感しています。
私、恥ずかしながらインフルエンザの予防接種など受けた記憶がない人なのです。病院嫌い、注射はもっと嫌い〜という幼稚園児のような人間なもので・・・。
30年以上にわたって中学校教諭をしていた頃も、わがクラスが学級閉鎖になるぐらい大流行している時でも不思議と自分は何ともなかったので、まあ、大人はそれほど感染しないものだろう?っていう感覚があったのです。
ところが中学校での仕事の最後の1年か2年ぐらいの時に、中学校でインフルエンザが流行していて、生徒が次々に早退している中、ちょっと異変を感じて熱を測ってみると、そんなに熱は高くないのだけど、ちょっとこのしんどさは尋常ではない?』と感じて急遽、午後から早退して病院に行ったら「インフルエンザです」と言われて、次の日(金曜)一日休んで、熱は下がったけど土日続けて休んで、次の月曜日から普通に出勤してたような?

やっぱり、60歳を過ぎると抵抗力が落ちたり、体力が落ちたり・・・・やっぱり体の中で老化現象が起きているのでしょうね。
ちょっとアルコールも控えて、久々に人間ドッグにも行って、今年の冬にはインフルエンザの予防接種も受けて・・・・・って、いつまでそう思っているかが問題ですよね。
少なくとも、今はちょっとそういう気分です。

なんか長い文になってしまいました。最後まで読んだあなたは辛抱強い人です。ありがとうございました。
こんなこと書いてるヒマがあれば商品アップしろよな!
まあ、この2カ月、忙しすぎました。
この機会にちょっとゆっくりさせて下さい。

金木犀の花が満開

  • 2015.09.28 Monday
  • 06:48
JUGEMテーマ:日常










時遊館の庭に3本植わっているキンモクセイの花が満開です。
香しき秋の匂いが充満していて気持ちがいいです。
キンモクセイの香りというと、昔、トイレの消臭剤(芳香剤)を連想してしまった覚えがありますが、やはり本物のキンモクセイの香りは良い匂いです。

庭では、ケヤキとヒマラヤスギが背比べをしていて、キンモクセイの木はその背比べの狭間で小さくなって咲いている感じで、植えてから15年以上も経つのになかなか大きくなりません。
近隣の田んぼでは、ほぼ稲刈りも終わり、秋の景色になってきました。

毎日、物の整理と片付けに明け暮れています。
少し物が片付き、空間ができてくるとスッキリとして気持ちが良いものですね。
でも、まだまだです。

シルバーウイーク

  • 2015.09.22 Tuesday
  • 19:25
JUGEMテーマ:日常
9月になってはじめてのブログ更新となります。

巷では『シルバーウィーク』なんていう新しい?言葉も生まれているようで、5連休を満喫しておられる方も多いのではないでしょうか?
平日、休日、というメリハリなく、一年中、曜日も平日休日もあまり関係なく貧乏暇なし生活をしている私にとって、こういう連休は、思わぬ所で大渋滞が発生したり、逆にいつも混んでいる道路がガラガラだったりという変化を感じて、「あー、連休か!」なんてあらためて感じるぐらいで、常日頃と変わりなくバタバタと忙しくしています。
各地で開催されるほとんどの道具市場(業者市)の日程が、曜日ではなく日にちで決まっているので、その日が平日であろうと休日であろうと、何曜日であろうと関係ないのです。
倉庫では毎日、片づけ仕事ばかりしています。
バタバタしているうちにあっという間に一か月が過ぎるのですが、その割にひとつもスカッと美しくなりません。

さて、「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉通り、このところ朝晩、随分冷え込んできました。
一昨晩は、毛布なしでは寒くて寝られなくて、昨晩家内に毛布を出してもらって暖かく寝ることができました。

道中、稲刈りの終わった田んぼの畔には、彼岸花があちらこちらに群生しています。
誰が教えた訳でもないのに、よく季節を間違えずに毎年必ず、秋のお彼岸に美しく咲くものだと感心させられます。
今朝、宇治田原町の奥山田神社の前を通ると、神社の境内あちらこちらに彼岸花が真っ赤に咲き乱れていたので、思わず車を停めて撮影しました。
忙しい中にも、ホッと一息花を愛でる余裕が人には必要なのかもわかりませんね。

季節の変わり目、皆様、風邪などお召しになりませぬようお気を付け下さい。








 

高原の春、庭で炭火焼肉をしました

  • 2015.05.02 Saturday
  • 21:30
真夏のような陽射しも夕暮れと共に西へと沈み、爽やかな森の匂いが漂ってきます。
こんな日には、庭で炭火焼肉を・・・と、急遽買い物に出かけ、バーベキューコンロに火を熾し、早速庭で夕食。
信楽で庭でバーベキューができるのは、4月から5月と、10月から11月ぐらいのごく短い季節に限定されます。
5月下旬ぐらいになると蚊などの虫が大量発生して、バーベキューどころではありません。
また12月から3月ぐらいまでは寒くて外で夕食という気にはなりません。
一日の疲れもちょっと癒される気分です。
7時半頃、夕食を終え犬の散歩に。
ナラやケヤキなど落葉樹の若葉や花が美しいです。そして、森には青葉の匂いが充満しています。










7時30分ぐらいまで、空にはまだ薄明りが残っていて、とても美しかったです。
炭の火が残っている間、しばらくビール片手にボーっとしている時間にささやかな幸せを感じてしまいます。
今日も、長い一日でした。

スタッドレスタイヤを過信してはいけない

  • 2015.01.03 Saturday
  • 11:46
1月に入ってから雪ばかり降ります。
今日から仕事です。
今朝、大阪から京都府宇治田原町を通って信楽へ向かいました。
宇治田原町奥山田の国道307号線は、一面の銀世界。路面は完全にスケートリンクになり、部分的にアイスバーンになっています。
途中、日蔭の上り坂で、車が何台も立ち往生しています。前の車に続いて停車したのですが、しばらく時間が経ち、車列が動き始め、前車に続いて発進しようとしたのですが、完全にスリップしてしまってどうにもなりません。
完全にスケートリンク状態です。
しかたなく、後ろの車何台かにバックしてもらい、とりあえず車線を譲り、だいぶバックしてから再スタートし、難を逃れました。
なんとか無事、信楽に着いたのですが、当店の前の最後の坂道の前で立ち往生。
毛布を敷いたり、段ボールを敷いたり・・・色々手を尽くしたのですが、前にも後ろにも動けなくなり、スコップで道の雪をかき、お隣さん2軒のご主人に手伝ってもらい、やっと車を動かすことができました。
2WDのハイエースの上、荷物が空荷だったこともあり、スタッドレスタイヤなど全然あてになりません。
「スタッドレスタイヤを過信してはいけない」とよく言いますが、本当に今日はそのことを痛感しました。









両隣2軒のご主人と一緒に、前の道の雪かきをしました。

画像を見ているぶんには、まるで真っ白なクリスマスケーキのような、そして小屋の屋根に積もった雪は、ケーキの上に載っているウエハースのお菓子のような、美味しそうな感じがしますが、信楽で暮らしていると「雪がきれい」なんて感じる余裕がないです。
これから2月末ぐらいまで、雪が降ると大変です。

しがらき火まつり

  • 2014.07.27 Sunday
  • 07:21
昨晩は、『しがらき火まつり』が開催されました。

毎年、7月の第4土曜日に開催される恒例の『しがらき火まつり』は、駅の近くにある新宮神社で、松明に点火し、愛宕山山頂にある陶器神社に松明を奉納し、最後、駅近くの松明納所へ松明を納める、陶器の町信楽ならではの火祭りです。

毎年、800人ほどの人が松明を担いで町内を行列し、松明が奉納されます。
小さな子供から外国人まで、老若男女、様々な装束で愛宕山の参道に行列ができ、なかなかの迫力です。

雲一つない晴天の下、夕立ちもなく、火祭りも花火も、予定通り盛大に行われました。
恒例の紫香楽太鼓の演奏も、松明奉納の間、絶え間なく行われ、多くの松明奉納者と、多くの見物客が参加し、盛大に行われました。

いつもの年との大きな違いは、信楽高原鉄道が運休(昨年9月の台風被害)しているため、列車ダイヤを待たずに午後9時から花火が開始され、例年より早く終了したことです。
列車代行バスが2台待機している駅前広場から花火見物をしました。
風もなく、雲一つなく、本当に美しい花火が上がりました。

遠方より来客があり、夕食は庭でバーベキューをし、日暮を待って火まつりに出かけました。
本当に暑い一日でした。











コゴミの天ぷら

  • 2014.04.18 Friday
  • 17:43
毎年、4月中下旬頃になると、コゴミが採れる季節になります。
昨日、荷物を出荷した帰りに、いつもの場所までコゴミを採りに行きました。

昨年の台風豪雨被害で、崖崩れがあり、地形が変わってしまい、コゴミが群生している斜面のかなりの部分が崩落してしまっていました。
でも、わずかに残っていたコゴミが可愛い新芽を出していました。
いつもの年よりずっと数は少なかったですが、そのぶん丁寧に一本ずつ摘みました。
早速、晩御飯は、コゴミの天ぷらです。
少しネットリした食感が最高です。
いつもコゴミの天ぷらだけは、天つゆではなく塩を振りかけて食べるのが気に入っています。
コゴミの次は、ワラビです。
春は、次々に季節の山菜が楽しめます。







甲賀市近辺の桜はやっと満開に

  • 2014.04.10 Thursday
  • 17:27
信楽への道すがら、見事な枝垂桜を先日写真を撮影した和束町湯船の西願寺の前を通ったら、いよいよ桜は満開で、この前よりずっと美しかったので、また写真を撮ってみました。





また、大阪への帰り道、宇治田原町奥山田天満宮の桜も、いよいよ満開が近く美しく咲き誇っていたので、思わず、車を停めて撮影。







なにか、四月に入ってから桜ばかり撮影している感じですが、そろそろ来週ぐらいには花も終わりになるのではないでしょうか。
でも、葉桜もまた美しいものです。
そろそろケヤキやカエデも新芽と若葉が芽吹き、いよいよ春本番ですね。

日々、彩(いろどり)を変える木々を見ながらの道中、とても幸せな気持ちになります。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM