ゴールデンウィーク渋滞

  • 2017.05.05 Friday
  • 07:48

JUGEMテーマ:日常

 

 

 

 

 

 

5月3日は、近江八幡のいなかの祭り。

昔は、家族全員で泊りがけで出かけたものだ。

今年は家内と二人で夕方から出かけて夜に帰宅という、ただ祭りのためだけに出かけたという感じ。

村全体、11組、それぞれの組が5メートルから10メートルほどの杉の心棒に藁や菜種ガラなどを縛り付けて作った松明(たいまつ)を神社に奉納し、火をつけるという祭りだ。

近頃では、めっきり高齢者が増え、若手が減り、松明の担ぎ手がいないということらしい。

担ぎ手を他の組に借り出しても、それでもまだ人手不足、という組も出てきたということ。

そのため、どの組も年々、軽くて小さな松明になってきている。

5月3日は、例年、雨、小雨の日が多いのだが、今年は、晴天。

夜9時になると狼煙が上がり、神官が一番奥の松明から順に点火して行くのだが、今年は、9時15分ぐらいには、ほぼ全部の松明が燃え尽きてしまうほど、すごい火の勢いだった。

 

5月4日、仕事で信楽まで移動。

昼前の何ということのない時間の移動だったのに、山城大橋の途中から大渋滞。

1メートル動いては30秒ほど止まって・・・・みたいな感じで、

渋滞の中、仕方なくコンビニに寄って昼食を買う。

まるでマンガの一場面のような出来事。

最後の1つのおにぎりを自分のすぐ前のおじさんが手にして、何とおにぎり売り場は完全に空っぽという状態。

仕方なく、幾つか残っていたサンドウィッチを一つ手にしてレジへ。

サンドウィッチを頬張りながら軽トラを運転し、渋滞の中を行く。

宇治田原町役場前の信号を過ぎたところから、今までの渋滞は何だったの?と思うほど、全く普通に動き出し、次の交差点で、ついに前を走る車は一台もいなくなる。

大渋滞を抜けた時って、いつもそうじゃないですか?

ある瞬間、全く普通に動き始めるっていうことよくありますよね。

一体何なんでしょうか?

結局のところ、信号と次の信号との間に想定外の車が流入すると自然渋滞が起きるということなのでしょうか?

前日の京滋バイパスでも、笠取インター先頭に9キロ渋滞という電光掲示。

最近、この渋滞は、頻繁に起きる。

判っていても京滋バイパスに入る。

案の定、入った瞬間から京滋バイパスは駐車場状態。

でも、全く止まっているわけではなく、20キロぐらいの速度で流れてはいる。

そして、長いトンネルに入り、滋賀県に入ると30キロぐらい・・・次第に40キロぐらいで流れ始めて、

笠取インター付近に来ると何事もなかったかのように80、90キロぐらいで流れ始める。

いつものことなんですが、渋滞のメカニズムは本当に不思議。

事故があったわけでも、故障車が立ち往生しているわけでもなく、工事をしてるわけでもないのに・・・・信号のない高速道路の渋滞は本当に不思議ですね。

 

桜満開・・・ヒノキ花粉最盛期

  • 2017.04.15 Saturday
  • 08:57

JUGEMテーマ:日常

 

 

 

この一週間、満開の桜の下、車を走らせています。

いつも、同じ道ばかり走っているので、満開の桜と言っても、昨年と同じ風景ですが、なかなか見事に咲き誇っています。

先日のブログにも書きましたが、今年は花粉症が例年になく重症です。

何十年ぶり?と思うほど、スギ花粉の時にも大変だったのですが、今、ちょうどヒノキの花粉が最盛期です。

ヒノキの花粉は、スギに比べると、ツンツンした嫌な攻撃をしてくるので手ごわいのですが、今年はひどいです。

鼻がグスグス、目が真っ赤・・・そこまでならまだ辛抱もできるのですが、スギ花粉の時同様、今年は、ノドが大変。

咳が止まらず、まるで喘息のように、咳が出だすと息もできないほど苦しくて、本当にのたうち回っているという感じです。

夜、寝ていても咳が止まらなくて熟睡ができず、体力的にもすごいダメージで、参っています。

 

孫疲れ・・・・・

  • 2017.04.05 Wednesday
  • 08:43

JUGEMテーマ:日常

4月になり、いよいよ春らしくなってきましたが、皆様、いかがお過ごしでしょうか?

今日は、孫の入園式がありました。

前回のブログにも書きましたが、私たちは、4月に入り、仕事どころではない毎日を過ごしています。

上の孫が4月から保育園を転園(3歳までしか保育がないところだったので)

下の孫が0歳児で4月から上の孫と同じ保育園に入園。

それと同時に、娘が育児休業を終え4月から職場復帰。

そして、しばらくの間、保育園は11時までとか、午前中だけのお試し保育、・・・ということで、

結局、しばらくの間、午後、娘が帰宅するまでの時間、ジージ、バーバが二人の孫の世話をすることになり、毎日大変。

お昼寝を一緒にしたり、公園で延々とブランコや滑り台遊びのお相手をしたり、ポカポカ陽気の中、お散歩に出かけたり、・・・・

事故があったりケガをさせたりすることがあっては大変なので、神経を遣います。

さらに、平日の夜には、孫二人のお風呂の世話にも。

 

そして、バイク事故で入院していた息子が骨折の手術を終え、明日退院予定ということで、また何かと大変。

毎日、今日と明日のスケジュールを考えるのが精一杯で、3日後とか一週間後の予定など考える余裕もありません。

 

忙しく働いていた10年前、こんなに慌ただしく忙しい老後を想像もしてなかったのを思い出します。

もっと、夫婦二人でゆっくりと第二の人生を過ごせるものだと思っていました。

忙しい中にもたまには旅行に出かけたり、温泉に出かけたり、・・・・という老後を思い描いてたのですが、全くそれどころではありません。

可愛い二人の孫の世話ができることに何の不満もないのですけど???

 

ちょっと孫疲れの日々

 

ヘルパーさんと看護師さんの手を借りて、なんとか老々介護をしている両親は、気には懸けながらもちょっと距離を置いている今日この頃です。

でもそちらのほうもいつ何時、何が起きるか全く予想ができない問題です。

 

なんでこうなるんだろう〜〜〜

  • 2017.03.27 Monday
  • 20:32

3月も下旬に入りました。

父母の病院送迎付き添い、2人の孫の保育園入園の入園準備、自治会役員の仕事などなど、ただでもスケジュールはほぼ埋まっているという中で、さらに2日前、息子がバイクで事故をして救急搬送されて入院。そして今日転院。そして明日手術・・・・・

手術が順調に成功したとして、2週間ほど入院になるらしい。

そして、娘は4月から職場復帰。

4月に入ってしばらくのあいだ、保育園がお試し保育で早めに終わるので、お迎えとそのあとの時間の子守をするのも私達の仕事。

という状況で、4月のカレンダーはほぼ埋まってしまった。

それも仕事はほとんど入る余地なく、自分たちのこともほとんどできない状態のスケジュールだ。

 

本当に「なんでこうなるの?」と言いたくなる状況。

まあ、一つ一つ、一日一日、事故のないようにやり過ごしていかないと。

明日は、午前が母親の病院通いの送迎と付き添い、午後、私は息子の外科手術の付き添い、そして午後、娘が会社に打ち合わせに出社するため、家内は、午後孫の子守りで、一日が終わる予定です。

なんか、毎日病院ばかり行ってる気がします。いや、一日のほとんどをあっちこっちの病院を行ったり来たりして過ごしてるような感じです。

 

当分、ホームページもヤフオクも、なにもかもしばらく休止中です。

JUGEMテーマ:日常

 

今年の花粉アレルギーは重症

  • 2017.03.23 Thursday
  • 08:59

小学校低学年で花粉症を発症した私にとって、

ここ10年ぐらいの、花粉症なんて大したことない・・・という印象でした。

マスクをして、時々鼻をかんでいれば大丈夫でした。

 

しかし、今年の花粉症は手ごわい。

一週間前、目に来た。それも痒いというレベルの症状ではない。

涙が止まらず目は充血して真っ赤。

そして目尻、目頭、上瞼、下瞼が涙でかぶれて腫れあがって、夜寝ていると、目やにが一杯出て、目を開けようとしても目が開かない。

コップに水を入れて目を洗うとすっきりする。

そして、鼻も、痒いという症状ではない。

左右とも鼻腔に炎症が起きているようで、膿がたっぷり溜まっている。

鼻をかむと一旦改善するが、しばらくするとまた青鼻が溜まる。

そして目の奥から鼻の奥、上の歯茎のあたりが腫れていて痛い。「歯が浮く」というのでしょうか?

また、喉も痒いというレベルの症状ではない。

喘息発作のように、咳が出始めると止まらない。息ができない。

夜、寝ていても咳が出て呼吸困難になり目が覚めてしまう。

 

一週間、こういう症状が続くと、体力的に結構参ってしまいます。

 

周りの人と話をしていても、「今年の花粉症は大変」ということを聞くことがあります。

何が起きているのでしょうね?

ちょっと去年までの花粉症とは一味違う苦しみです。

春が近いというのに、本当に気が滅入ってしまいます。

ヒノキの植林です。下枝が討たれよく手入れされた植林です。

そろそろスギの花粉も終盤。これからはヒノキの花粉の時期です。ヒノキの花粉は、スギとまた一味違う鋭いトゲトゲ感があってなかなかハードです。

スギの植林です。赤茶色に見えるのがスギの花。下枝が討たれ、間伐材も伐採されて、とてもきれいに手入れされています。

 

JUGEMテーマ:日常

道具屋という仕事

  • 2017.03.22 Wednesday
  • 14:13

道具屋という仕事にもいろんな分野があります。

本来「道具」というのは茶道具やそれに付随したお道具類を意味するものだと聞きますが、実際に道具屋は、茶道具、日用生活品、大工道具や機械工具、電化製品、楽器、美術品、書画骨董、趣味の蒐集品、衣類や着物、家具、雑貨、自転車、バイク、自動車・・・・などありとあらゆる古物の売り買いをしています。

実際、道具市場(業者市場)では、上に羅列した様々なお品が日々無差別に競りに賭けられます。

私自身も旧家の片付け仕事で引き揚げた道具類は、明らかにゴミだと思うものや、売買するに適さない品以外、ありとあらゆる物を道具市場へ搬入し、オークションにかけてもらっています。

逆に、お客さんから注文の入っている品とか、自分の店に並べたい品などを、市場のオークションで声を出して競り落とすのも仕事です。

最近、何を見ても心がときめかない。何もほしい物がない。

安いからと言って中途半端な物はほしくないし、逆にいくらほしい物でも、希望価格を越えてしまったらほしくない。

そして「ほしい」と、少しでも心ときめいた物は、あっという間に自分が買える価格をはるかに超えてオークションが終わるのが常だ。

結局、「ほしい」と思うものは、みな同じということか。

 

私は、従業員を雇うこともせず、店舗、倉庫、事務所なども賃貸ではなく自宅を使っています。

車ごと入れる広い倉庫がほしいとよく思いますが、広ければ広いで、絶対にそのキャパは3日で一杯になるに違いありません。

体育館のような倉庫があったとしても、一週間もすればそこは一杯になるのが目に見えています。

 

倉庫や店舗に賃貸料が生じたらその分、それ以上に稼がないとやって行けないのは当然ですし、忙しくなると人を雇う必要も生じるでしょう。人を雇えば自分の取分はゼロであっても人件費を削ることはできません。

大きな商いをするのか、自分ひとりで小ぢんまりと商いをするのか、その選択を見誤るとそれは取り返しのつかない大誤算になってしまいます。

 

私が使っている倉庫はとにかく狭いです。だから倉庫以上の在庫を多く持つことは物理的にできません。だから自然と買い控えもしますし、日ごろから倉庫の片付けばかりしていますし、要らないと思った物は潔く処分していても、それでも常に倉庫は目いっぱいの状態です。倉庫の出入り口の前に物を積み出したらそれは最悪の状態と言えます。倉庫の中に入れなくなるからです。

現在、7部屋ある倉庫のうち、唯一なんとか中で仕事ができる倉庫の画像です。とは言っても、もう限界ですけど。

 

昨日、ウェブ店舗を休業しました。とてもじゃないけど販売まで手が回らない状態になっているからです。

しばらく休業は続くと思います。

 

孫の成長と共に変化する生活・・・

  • 2017.03.21 Tuesday
  • 13:54

9月生まれだった孫娘は、本来一昨年の11月が七五三だったのですが、その頃は、やっと2歳になったばっかりで落ち着いて七五三参りに行けるような状態でもなく、一年待って昨年の11月に七五三参りに八坂神社へ行きました。一年待った甲斐あって、用意した着物を着せることもできて、可愛い着物を着てお姫様気分のご機嫌な一日でした。

 

保育園の生活発表会「ハッピースマイル」という行事に参加しました。2年間、毎日喜んで園に通い、いろんな歌や踊りを教えてもらい、少しずつ友達と仲良く遊ぶということも覚え、毎日その日に園であったことを喜んで話してくれます。

2年間の成長は本当に目を見張るものがあるように感じています。

私の息子や娘は、5歳まで家にいて、幼稚園の年中さんと年長さんだけ通いました。ですから、今、孫が2歳、3歳という年齢で、同じ年ごろの子供たちと社会生活をしているということが、凄いことだと感じずにはいられません。

 

娘夫婦は、結婚式も安産祈願もお礼参りも七五三も・・・何もかも、すべて八坂神社へ行きます。

3週間前、娘の厄払いの祈祷に、八坂神社へお参りした時の画像です。

 

 

卒園式

 

先々週、孫の卒園式がありました。

3歳児クラスまでしか受け入れのない保育園なので、4月からは、下の孫(0歳児クラスに入園予定)と共に、別の保育園へ転園することになります。

時を同じくして、娘は4月から産休育休を終えて職場復帰します。

いろんなことが重なって変化する4月、両親の介護に重なって、さらに忙しい日々がやってきそうです。

孫たちの成長に伴って、今後、私たちの生活にも様々な変化が訪れることと思っています。

何とか体を壊さずに日々充実した生活ができるよう、あまり無理をしないように頑張って行きたいものだと思っています。

 

2週間ちょっと前に、家内が腰を痛めて、しばらく寝たきり状態が続き、ここ数日やっとだいぶ歩けるようになってきました。

私自身はというと、花粉症が目にきてしまって、ここ5日ほど、涙が止まらなくて、目頭、目尻、瞼、下瞼が腫れ上ってしまって、大変なことに。

仕事どころではなく、結構参っています。

ネットショップ「アンティーク信楽時遊館」は、そんなこんなで本日から、休業させて頂いています。

 

それ以外にもしなければならない仕事や用事が山のように溜まっているのですが、一向に進みません。

おまけに今日は雨。

外の仕事も一切できず、仕方がないのでブログを書いています。

 

 

JUGEMテーマ:日常

久々のブログ更新・・・本当にいろんなことがありました

  • 2017.03.10 Friday
  • 09:20

JUGEMテーマ:日常

 

2カ月近くブログの更新ができずにいました。

年が明け、長年、老々介護を続けてきた私の両親に、俄かに介護や支援が必要な状況が出てきて、急遽、行政やかかりつけの医師などとも相談し、介護申請を出し、その認定を待たずして、看護師さんの週2回の在宅入浴サービスやお薬の管理、ヘルパーさんによる入浴準備や室内の整理整頓などをお願いすることとなりました。

介護認定が出るのにほぼ1カ月かかりましたね。

 

また、仕事の合間を縫って週1,2回の通院の送迎や医師の診察立ち合いなども必要となり、カレンダーはほぼ全日、書き込みだらけの状態。

まあ、はっきり言って仕事どころではない慌ただしい毎日が続いています。

有り難いことにそんな中でも仕事は入ってきますから、引き揚げてきた荒道具や日用生活用品など、とりあえず倉庫や庭に積み上げて行くものですから、もう倉庫はゴミ屋敷状態。

そして、それを片づけたり、処分したり、市場へ搬入する日程がなかなか取れないため、さらにどうしようもない状態に・・。

 

この2カ月、本当に色々なことを学び、またいろいろな事を考えさせられました。

今、私たち夫婦は60代半ば。

腰を痛めたり肩を痛めたり、膝が痛かったり・・・・しながら、まあなんとか現役で道具屋をやっていますが、あと10年もすれば私達は70代半ば・・・・果たして今と同じようにこの仕事を続けて行けるのだろうか?

肩や腰を痛めて以来、大きな家具や重量のある荒道具などは、なるべく扱わないように心がけているのですけど、片付けの現場に入ると、火事場の馬鹿力というのでしょうか?どんな大きなものでも、重い物でも引き揚げてきてしまうのが現実。

本当に、あと何年、この仕事が続けられるのだろうか?

また、あたりまえのように毎日やっている車の運転が、何歳まで安全にできるのだろうか?

などなど、本当に色々なことを考えてしまいます。

 

さて、そんな忙しい毎日を過ごしている中、信じられないような事件が発生しました。

2月下旬、仕事に向かおうと月極め駐車場に停めてあるハイエースに。

ふと車を見ると、ナンバープレートがない。え!!!?・・・。呆然として、後部を見ると、後ろもナンバープレートがない。

即、110番通報をして、所轄の警察署から巡査に来てもらうが、他の事件か事故の処理で忙しくしているようで、40分ほど待たされてやっと来てくれた。

もう一人警察官がやってきて、現場検証や指紋検証などに約1時間。

被害届(盗難届)を出したが、盗難届の受理番号が出るまで一週間以上かかるとのこと。そして受理番号が出るまでの間、車には乗れません?????と平然と言われる。

それは困る。明日も、明後日も、この車でないとできない仕事があるのに・・・・

 

困り果てて、車を所轄する滋賀の陸運事務所に問い合わせると、「まず仮ナンバーを市役所で取ってもらって、それを付けて陸事まで来てください。そうすれば、すぐにプレートの再発行はできますよ」という返事。

陸運事務所によって対応は違うようです。

その日の午後、軽トラに乗って、大急ぎで信楽の役場まで行き、仮ナンバーを申請し、持ち帰る。

そして、翌日、その仮ナンバーをハイエースに取り付けて、滋賀の陸事(守山)まで走り、新しいプレートを交付してもらった。

この忙しい中、とんでもない迷惑な話。

ここ1年ぐらい、近辺の月極め駐車場で、ナンバープレートの盗難や、未遂が続いているようで、何とも気味の悪い話です。

まあ、車本体が無事だっただけでも良かったのかもわかりませんが、2日間、新しいナンバーの取得のために棒に振り、無駄なお金を(仮ナンバー使用料や新しいプレートの交付料や、燃料代などなど・・・・)使って、どこからも弁償もしてくれない。

腹が立つやら気持ちが悪いやら・・・・。

 

以後、用がない日にも、必ず月極め駐車場の前を1日1回は通り、無事を確かめている毎日です。

 

書き出すと、他にもまだまだ、本当に色々なことがあった2カ月でしたが、長くなるので、このあたりで一旦終了。

 

 

 

 

雪が積もりました

  • 2017.01.17 Tuesday
  • 20:41

1月15日,16日、17日、寒気が南下し、結構な雪が降り、信楽でも少し雪が積もりました。

車から倉庫への荷運び、倉庫から車への荷運び、倉庫から別の倉庫への荷運び・・・・何をするにも、通路の雪かきからスタートです。

30センチぐらい積もったでしょうか。

また、車での移動も、南側に山がある陽の当たらない峠道など、スタッドレスタイヤでも横滑りをしてヒヤッとすることがあります。

この冬初めてのスタッドレスタイヤ大活躍、そして車は融雪剤でドロドロです。

早朝は前日の雪解け水が凍って凍結している場所が多くあるので、国道307号線の京都府、滋賀県境あたりを通行される方はくれぐれもご注意ください。

 

 

2017年、新年おめでとうございます

  • 2017.01.01 Sunday
  • 07:33

 

 

JUGEMテーマ:日常

2017年が始まりました。

皆さま、新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

昨日、12月31日まで片付け仕事でした。

信楽の倉庫の片付けもしましたが・・・・・・

年の瀬も押し迫り、12月30日ぐらいからスクラップ屋さんもお正月休み、何もかもお正月モードに突入しているため、片付け現場から搬出した金属スクラップや古紙や段ボール、その他不用品、ゴミなどの処分ができず、時遊館のガレージや倉庫の前など、知らない人が見たらどこから見てもゴミ屋敷の景色。

そんな状態のままお正月に突入というとんでもない年末年始を迎えています。

 

昨晩は、紅白歌合戦と、絶対に笑ってはいけない・・・の両方を10分おきぐらいに交互に見ながら、夕食にお蕎麦を食べ、出来上がったばかりの家内手作りのおせち料理をつまみ、普通の時間に就寝しました。

 

正直、紅白もわざとらしい演出の連続に興ざめですし、絶対に・・・も、マンネリ化とまるでイジメの温床のような構成に嫌気がさし、かと言って他の局も大した魅力があるわけでもなく、大晦日のテレビも魅力がなくなりました。あくまでも個人の感想です。

 

さてさて、今日と明日ぐらいは、おせち料理とお雑煮をゆっくりと味わい、お正月休みにしたいと思っています。

1月3日から仕事始めになる予定です。

 

今日は、朝、おせち料理を食べたあと、近所の神社へ初詣、そして昼は、近所のショッピングモールへ昼食に出かけました。

お正月からお仕事の人も多いですね。本当に大変です。

 

今年も良い年でありますように!

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM